東北大学災害科学国際研究所 災害文化アーカイブ研究分野 災害文化研究室

災害文化研究分野では、過去の自然災害の記録・記憶を探り、
地域の歴史や風土を知ることから防災を考え、研究を進めています。

そこから、この列島に住む人々の災害観や自然観、生命観などに基づき、
人々の生活文化を守るための防災の在り方を考えていきます。

このページでは実施中の研究や過去の実績、開催予定のイベント等をご紹介しています。

新着情報

シンポジウム「歴史が導く災害科学の新展開Ⅴ―文理融合による1611年慶長奥州地震津波の研究―」の開催

本シンポジウムでは、慶長奥州地震津波の発生から410年、また東日本大震災の発生から10年が経過したことを受け、歴史学・考古学・地質学・津波工学の研究者が結集し、それぞれの視点から慶長奥州地震津波に関する最新の研究成果を報告します。さらに、これらの研究者によるパネルディスカッションを実施し、学際的な視点から議論することにより、文理融合による学際的研究の視点による新たな慶長奥州地震津波像を描き出していきます。


日時:2021年12月4日(土)13:00~17:00

場所:東北大学災害科学国際研究所多目的ホール+Zoomによるハイブリッド開催

参加申請:下の参加申し込みフォームより、氏名・メールアドレスや参加形態(現地参加、オンラインの別)についてお知らせ下さい。オンライン参加の方には、後日アドレスをメールにてお知らせ致します。

*(12月1日追記)参加申請者へのご案内メールを順次発送しています。
現時点で申請しているのにメールが届いていない方は、申請したアドレスが誤っていた可能性がありますので、再度登録フォームより申請をお願いします。


シンポジウム「歴史が導く災害科学の新展開Ⅴ」
参加申し込みフォーム


(↑ここをクリック↑)



次第:
〇研究報告 (13:10~16:00)
・蝦名裕一(東北大学災害科学国際研究所):歴史資料にみる慶長奥州地震津波
・柳澤和明(宮城県教育庁文化財課):多賀城市域における慶長奥州地震津波の被害
・川又隆央(岩沼市教育委員会):岩沼市高大瀬遺跡で発見された慶長奥州地震津波堆積物の様相について・後藤和久(東京大学大学院理学系研究科):地質記録から見た慶長奥州地震津波:現状と課題
・石澤尭史(東北大学災害科学国際研究所):宮城県内における慶長奥州地震津波の堆積物について・石村大輔(東京都立大学都市環境科学研究科):岩手県山田町の津波伝承に関する地質学的検討
・西村裕一(北海道大学大学院理学研究院):北海道における慶長奥州地震津波の痕跡
・今井健太郎(海洋研究開発機構):慶長奥州地震の津波波源と規模の再評価
・菅原大助(東北大学災害科学国際研究所)
:仙台湾および三陸海岸における慶長奥州地震の津波堆積物の数値シミュレーションによる検討
・佐藤賢一(電気通信大学情報理工学研究科): 宮城県を事例とした災害間期の防災意識について

〇パネルディスカッション(16:00~16:50)
・コーディネーター・今村文彦(東北大学災害科学国際研究所)

 主催:東北大学災害科学国際研究所、歴史文化資料保全の大学・共同利用機関ネットワーク事業東北大学拠点、指定国立大学災害科学世界トップレベル研究拠点災害人文学研究領域
共催:人間文化研究機構、神戸大学大学院人文学研究科、地震・火山噴火予知研究協議会研究推進部会史料・考古部会

 

シンポジウムの報告書を刊行しました。

2月11日に開催したシンポジウム「歴史が導く災害科学の新展開Ⅳ―先人の疫病文化に学ぶ―」の報告書を蕃山房より刊行いたしました。報告書では、シンポジウムの報告とパネルディスカッションの内容、また付論として平川新「コロナ騒動をめぐる日本人論と日本の歴史」を収録しています。表紙は、河北新報にて『独眼龍政宗』を連載していた千葉真弓さんにデザインをしていただきました。

 

報告書をご希望の方は、①お名前、②ご住所、③メールアドレスをevinas503@gmail.comまでお送り下さい。残部が無くなり次第、発送終了といたします。





PAGE TOP