東北大学災害科学国際研究所 災害文化研究分野

災害文化研究分野では、過去の自然災害の記録・記憶を探り、
地域の歴史や風土を知ることから防災を考え、研究を進めています。

そこから、この列島に住む人々の災害観や自然観、生命観などに基づき、
人々の生活文化を守るための防災の在り方を考えていきます。

このページでは実施中の研究や過去の実績、開催予定のイベント等をご紹介しています。

分野の紹介

災害文化研究分野ホームページを開設しました。


東北大学災害科学国際研究所の蝦名裕一です。

私が担当している災害文化研究分野では、過去の自然災害の記録・記憶を探り、地域の歴史や風土を知ることから防災を考え、研究を進めています。そこから、この列島に住む人々の災害観や自然観、生命観などに基づき、人々の生活文化を守るための防災の在り方を考えていきます。

研究室では、教員のみならず、学生や市民の皆さんと一緒に古文書の保全や解読、石碑の撮影やフィールドワークに取り組んでいます。このホームページでは、その活動の一端をご紹介したいと考えています。

どうぞよろしくお願いします。

PAGE TOP